香川県はうどん県??とその他のこと

香川県はうどん県?なんでしょうかね?他にも、おまつり情報など
ホームボタン

「うどん県」とグーグルに入力すると香川県が出るって本当?

ネットで検索をするときは何を利用して検索をするでしょうか。やはりGoogleやYahooで検索をすると言う人が多いのではないでしょうか。そんな検索エンジン最大手のGoogleでうどん県と検索をしてみましょう。何が出てくると思いますが。日本にはうどん県と言われるような県は当然存在していません。ですが、うどん県と検索をすると何と香川県がさっと当然のように出てくるのです。本当かな?と疑ってしまいそうですが本当です。実際に自分で検索をGoogleでしてみると良いでしょう。



香川県と言えばうどんと言われるくらいに確かに有名です。香川県の人は朝から晩までうどんを食べると言われていますが実際に本当の様です。毎食とは言わないまでも1日に1回は必ず食べる人も多いようです。そんなことから、県の特産品でもあるうどんを全国にアピールしていこうと地方自治体自体が先頭になって活動をしているのが香川県イコールうどん県ということなのです。そのため、うどん県と検索をすると香川県が出てきますし、地方自治体である香川県がヒットするようになっているのです。香川県の人は本当にうどんが好きなのですね。

香川県はオリーブの生産量が全国一位です

香川県というと直ぐに頭に思いうかぶのは多くの人が讃岐うどんではないでしょうか。それ以外はというとなかなか思い浮かべるのも難しいような気もしますが、実は香川県はオリーブの生産が日本一なのです。香川県のオリーブの生産は岡山県と香川県の間に浮かぶ瀬戸内海の内海に浮かぶ小豆島と、その西にある豊島となっています。この2島で実に日本のオリーブの生産の95%を占めているのです。ですから、日本国内産のオリーブはほぼ香川県といあっても良いのです。



そして、小豆島を中心としたオリーブオイルは香りも風味も色も最高級品と言われており世界でも知名度も評価も高いものとなっているのです。小豆島や豊島でオリーブが栽培できるのはやはり気候風土の影響が大きいようです。明るく温暖で雨が少ないという気候はオリーブの本場である地中海の気候に似ていたという事なのでしょう。

小豆島のオリーブオイルは清製油や添加物が全く入っていないエキストラバージンオリーブオイルです。日本が誇る高品質なオリーブオイルも実は香川県が多くうどんと並んで自慢できる特産品だったのです。

小豆島と魔女の宅急便

日本映画の中でもアニメ映画は世界でも注目をされている分野です。その中でもジブリ映画は世界中にファンが多く、何か語り掛けてくるようなものがあり心に残る映画として数多くの作品が心に残っています。そのジブリ映画の中でも人気だったものの一つに魔女の宅急便という映画があります。


映画の舞台はヨーロッパっだったのですが原作は東洋の街並みが舞台だったようです。その魔女の宅急便が実写版化されたのが2014年になります。実写版でロケ地として使われたのが香川県の小豆島なのです。ロケ地には映画で出てきた場所がたくさん存在しています。主人公のキキが居候していた「グーチョキパン屋」、キキがおばあちゃのぬいぐるみを届ける場所として目島、トンボと出会う場所として戸形公民館、キキの旅立ちの場所となったロケ地として坂出港、キキが飛び立った場所として小豆島の渓谷「寒霞渓」など。

魔女の宅急便ファンなら是非とも足を運んでみたい場所ばかりとなっています。瀬戸内海に浮かぶ美しい島である小豆島。観光地も色々とあります。あわせて訪れる価値のある島だと言えるのです。

丸亀お城祭りとは

うどんで有名な香川県で行われるお祭りの一つに丸亀お城祭りがあります。丸亀お城祭りは香川県丸亀市の丸亀城跡の亀山公園で毎年ゴールデンウイーク中の5月に行われています。1950年に丸亀城天守の修復を祝して第1回が開催されています。


丸亀お城祭りでは市民2000人が参加して行われる大名行列や獅子舞踏演やライブステージ、大物産展などが行われます。また、前夜祭では勇壮な太鼓祭りが行われることでも有名となっています。主な行われるイベントとしては香川県の名物の一つでもある全日本骨付鳥選手権、うどん県ならではのイベントである全日本うどん選手権、お化け屋敷やフリーマーケットなどが開かれる自主運営の丸亀お城村、丸亀城バサラ京極隊と称した丸亀城観光案内チームなどによるパフォーマンスライブ、マーチングバンドややっこ連、鉄砲隊、京極隊に太鼓台、時代絵巻によるまんでガンガン大行進、海上自衛隊の入港一般公開、丸亀踊りの大会などが行われます。

このように丸亀お城祭りは様々なイベントで目白押しです。地域が大きく活気づくお祭り、それが丸亀お城祭りというわけなのです。

Copyright (C) 2017 ネタなんでなんだっていいだろう! All Rights Reserved.