松川町の台城公園と清流苑の評価

長野県にある松川町の台城公園や清流苑や名物であるごぼとん丼を紹介します。
ホームボタン

松川町とは

松川町は自然が豊かなので、普段から都会のビルに囲まれた生活をしている方も連休に足を延ばしてみてもらいたいところです。長野県と言えば、幸福度ランキングでも上位に位置していて、とても住みやすい場所として人気が高い場所ですよね。松川町は、長野県と福島県に存在する町ですが、ここで紹介する松川町(まつかわまち)は、長野県下伊那郡の最北端に位置する町です。人口はおよそ1万3千人ほどの自然に囲まれた穏やかな田畑の風景の広がるところです。

とても自然に恵まれた土地で、リンゴやサクランボ、梨、ゴボウなどの産地でもあります。季節の果物狩り等がたのしめたり町おこしとしてワーキングホリデーを開催したりもしています。南信州に位置していて、特産のりんごで作ったシードルがとても美味しいと話題になっています。美味しい湧水もあって、松川町行ったら是非、堪能してみてください。

温泉もあるので、週末に泊りがけで観光に行くのにも松川町は最適な場所です。キャンプ場もあるので、アウトドアを楽しみたい方にもうってつけですね。また南アルプス登山もできるところなので、山登りが好きな方は行ってみてはいかがでしょうか。

台城公園の歴史

台城とは、大島城とも呼ばれていて、信濃国伊奈郡という現在の長野県下伊那郡松川町元大島にあった日本のお城のことです。築城されたのは平安末期である12世紀末ごろと言われていて、片桐氏(大島氏)によって築城されており城郭構造は連郭式平山城です。城主は秋山虎繁や武田逍遥軒信綱で、天正10年(1582年)に廃城されました。織田信忠が信濃に侵攻したため、国人衆が動揺したことで戦意を失い、城将の武田信廉は戦うことなく甲斐へと退却して台城は自落したのだそうです。


戦国期には、武田信玄が秋山虎繁(信友)に命じて大改修を施したという歴史もあります。その城郭を都市公園として回収し、5000株ものキリシマツツジが咲くのでとても美しいです。ツツジというと赤系がおおいですが、白、紫、オレンジなどもあって、リピーターが多い穴場スポットです。毎年、ゴールデンウイークの5月3日には、つつじ祭りが盛大に開催されています。同じ観光をするにしても、歴史背景を知ってから行くと感慨深いものがありますよね。駐車場は30代分あって、松川ICから5キロおよそ15分のところにあります。

尚、台城公園からは焼けた米が出て来たりします。この米は織田信長の軍勢が攻めてきた時に、城が焼けてその時にやけた米が出て切るんだそうです。ある意味、歴史を物語っているとも言えるでしょう。尚、台城公園は簡単に陥落したようですが、現在の伊那市にある高遠城は仁科信盛が奮戦して激戦地になりました。台城の方ももう少し頑張って欲しかったなと個人的に思います。

清流苑の評価

インターネットの口コミサイトでは、清流苑の評価はどのようになっているのでしょうか。夕食も朝食も豪華でボリュームがあり、食べきれないほどということで好印象の方が多いようです。朝食のクロワッサンがサクサクで、夕食のステーキはすごいボリュームだったということです。大浴場が22時まで朝は6時からなので、一般的な温泉宿と比べると終わるのが早いような気がしますね。シャンプーはキシキシしてあまり良くないという指摘がありましたので、気にする女性は持参した方が良いかも知れませんね。


7月に行くとタイミングがあえば、蛍が見れることもあるそうで、見たことが無いという方には夏がお勧めです。温水プールもあるので、お子さん連れでも楽しく宿泊することもできます。登山や果物狩りなどの際に泊まる人が多いようで、のんびりと楽しく過ごすために最適な宿だったというような高評価が多いです。お部屋によっては南アルプスが一望できる眺望のよいお部屋もあるので、こだわりたい方は早めに予約するのがお勧めですね。全体的に良い評価が多いので、清流苑は泊まってみても良い信州の温泉であることが分かりました。

尚、入浴料金が400円しか掛からないのに露天ぶろやジェット風呂、季節風呂やヒノキの風呂、露天風呂、サウナ部屋もあり非常に充実しています。館内も綺麗で清潔感がありました。尚、清流苑ではポケモンGOでピカチュウが現れたと言う話も聞いています。

ごぼとん丼とは

ごぼとん丼とは、信州の長野県松川町というところの名物でコラーゲンがたっぷり摂れる丼系のご飯です。地産地消をコンセプトとして地元有志が開発した商品で、地元のリンゴや梅で育った黒豚と地元のごぼうを使って作られています。分厚く切ったやや脂身の多い豚肉はトロトロに煮て乗せてあり、シャキシャキした食感のごぼうがアクセントになります。

長野県松川町に行ったら必ず食べたいと思いますが、ネットでレシピも紹介されているので自宅でも作ることもできます。本来は地元の名産を使って作るそうなので、家で作ったらちょっと違う感じになってしまいますが、豚肉とごぼうの組み合わせは美味しいです。

甘めに煮つけてあるので、汁のしみたご飯をかっ込むと何とも言えない満ち足りた気分になります。信州というと「おやき」というイメージがあるのですが、これからはごぼとん丼も覚えておいてくださいね。豚肉は疲労回復にも効果がありますし、ごぼうは食物繊維が豊富なのでお通じにも効果が期待できそうな一品です。コラーゲンがたっぷり摂れるので、美肌にも良いので女性にもお勧めしたいです。

Copyright (C) 2017 ネタなんでなんだっていいだろう! All Rights Reserved.