織田無道を覚えていますか?

とんねるずの番組で一世風靡した織田無道の情報です。
ホームボタン

織田無道とは

織田無道とは、日本の僧侶でありタレントで活動している有名人です。神奈川県厚木市の出身で、織田信長の子孫を自称しています。帝京大学法学部を卒業しており、その後臨済宗建長寺派圓光禅寺の第49代住職となりました。



一時期が霊能者として頻繁にメディアに露出していましたが、2002年9月11日に公正証書原本不実記載・同行使の容疑で逮捕されたことがきっかけでメディアへの露出は激減しました。このとき織田無道は事実無根を主張していましたが懲役2年6か月・執行猶予4年の有罪判決を受けることになります。その後は旧・ユートピア加賀の郷の観音院加賀寺である石川県加賀市作見町の豊星寺の住職として就任しましたが、続いて従業員と給与不払いなどのトラブルなどが報じられてしまいます。



そして2010年2月はTwitterのなりすまし被害にも遭っています。



織田無道が再びメディアに姿を現したのは2014年3月の日刊ゲンダイの取材で、2014年現在は寺の住職を務めるだけでなく、エビの養殖ビジネスなど様々なビジネスを手掛けているという話をしました。

織田無道の現在

織田無道さんは日本の僧侶としてだけでなく霊能力者としてタレント活動をしていた有名人です。帝京大学法学部すると、圓光寺の住職として働き始めます。



織田信長の末裔を自称し、1980年代から1990年代にかけて多くのテレビ番組に出演していました。現在の織田無道は、実家の厚木市にある圓光寺は息子に譲られたとのことでした。

この圓光寺は1000年以上の歴史があると言われている由緒あるお寺で、1890年以降、住職がいない状態が50年以上続いていたのですが織田無道が住職となることで体制が立て直されたと言われています。圓光寺を譲ってからは現在4か所のお寺の住職を現役で努めています。



場所などに関しては非公開とされてます。そして住職以外にも通常の3倍ほど大きいサイズの車海老の養殖を行っています。様々なビジネスをしている織田無道さんですが、今は出身地である厚木市にて、夫人とふたりで暮らしています。

逮捕や金銭トラブルなどが報じられたことをきっかけにメディアから遠ざかってしまいましたが、ふたりの関係は今も変わらず良好なようです。

織田無道は何が凄いのか?

織田無道の凄さは様々な面から知ることが出来ます。



自称織田信長の子孫であり、80年代末から90年代中期にかかえてバラエティ番組に出演していた自称霊能者である織田無道は、型破りな性格で知られていました。お酒を小学生から嗜み、性欲が非常に強いことを公言しており、初めて女性に触れたのは未成年のときであると言います。



一般的な僧侶とは無縁な煩悩っぷりを発揮するだけでなく、いかつい風貌と印象に残る声量たっぷりのバリトンボイスが強烈なキャラクターを彩り、当時のお茶の間の人気者になっていきました。当時の霊能力者は霊的現象を取り扱う番組やオカルト番組に限定して出演していたのに対し、織田無道はバラエティ番組やクイズ番組などありとあらゆるメディアに出演していました。



またドラマや映画に出演し俳優業にも取り組むことで、オールスター感謝祭の名物となっているマラソンで優勝するなどマルチタレントとしてその力を発揮していました。

賑やかだった心霊ブームが収束しても着々と活躍の場を広げていった織田無道ですが、とある事件で逮捕されたことがきっかけでメディア界から姿を消してしまうのでした。



尚、フィギアスケートで活躍した織田信成さんとは特に親戚でもないとする説が根強いです。親戚だったとしてもかなり遠い親戚ではないかと思われます。

織田無道とものまねととんねるず

80年代末から90年代中期に掛けてバラエティ番組に出まくっていた自称織田信長の子孫であり霊能者の織田無道ですが、大ブレイクしたきっかけはとんねるずがメイン出演していた「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」だと言えるでしょう。



日本テレビ系の水曜夜9時から放送されていたバラエティ番組ですが、視聴者から寄せられた心霊写真とされるものを超能力者である織田無道が鑑定士、霊視を行うことで過去の因縁や土地の因果などを理由に除霊を行っていました。目力のあふれる鬼気迫る表情と圧力感じる低い声がそれらしい雰囲気を彩り、強烈なキャラクターであることから当時のお茶の間を賑わせていました。



大ブレイクしてからも織田無道は更なる活躍の幅を広げます。

当時の霊能力者は霊的現象やオカルトに限定した番組のみに出演していたのに対し、織田無道はクイズ番組やバラエティ番組、更には映画やドラマなどマルチに活躍していきます。とある事件の逮捕がきっかけでメディアから姿を見なくなってしまうのですが。あの大きなブームを起こしたきっかけはとんねるずの生でダラダラいかせて!!という番組がきっかけなのは確かでしょう。

Copyright (C) 2017 ネタなんでなんだっていいだろう! All Rights Reserved.