天王星の環境や衛星を紹介します。

太陽系である天王星の環境や衛星や天王星の輪などを紹介します。
ホームボタン

天王星とは

太陽系の太陽に近い方から数えて7番目にある惑星が天王星といいます。比較的大きい惑星で、太陽系の惑星の中においては木星と土星に次いで3番目に大きい惑星となっています。イギリスの天文学者であるウィリアム・ハーシェルが発見しました。

主にガスと多様な氷からなっている惑星で、大気においては水素が約83%含まれています。他にはヘリウムが15%、メタンが2%含まれています。さらに内部の構造においては、重い元素に富んでいて岩石と氷から成る核があり、そして水やメタン、アンモニアが含まれている氷からなるマントルで構成されているようです。また天王星には特徴があります。

それが自転軸なんです。天王星の自転軸ですが傾きが98度という横道面に対してほぼ横倒しの状態になって倒れているのです。その理由はいまだ解明されていません。

また上層大気に含まれているメタンによって赤色の光が吸収されるため天王星は青緑色に見えます。ですが厳密に言いますと公転に伴って色は変化していきます。ですので天王星には季節があると推測されているのです。

天王星の環境

宇宙には天王星という惑星がありますが、天王星の環境はどのような環境なのでしょうか。まず天王星は1781年に発見されました。比較的新しい惑星です。その天王星ですがどういった環境の星なのでしょう。地球は岩石や金属で構成されていますが、天王星はメタンやアンモニア等の氷や水などで形成されている惑星になります。そして色は非常に美しい青い色をしています。とても美しい色なんです。ではなぜこんなにもきれいな青色に見えるのでしょうか。



それは天王星を構成している水やメタン等が赤色の光は吸収して、そして青色の光を強く反射するため赤色は混じらずにきれいな青色に見えるのです。そんな天王星の大きさですが、直径約51100キロメートルでなんと地球と比較すると約4倍にもなります。太陽系においては木星と土星に次いで3番目に大きな惑星となります。また質量は地球の約14.5倍に相当します。天王星は太陽に近い惑星から順番に数えると7番目の惑星です。天王星の重力は8.69m/s2です。地球の重力の約90%ほどですね。天王星の大気の詳細は謎に包まれています。

天王星の衛星について

ウィリアム・ハーシェルは天王星の惑星本体を発見しましたが、天王星の衛星も1787年に発見しました。最初の2個が発見されることとなります。6個の惑星を確認したとしていたのですが、そのうちの4個は恒星を誤認していたので、実際には2個だったんですね。名前はティタニアとオベロンです。



そして1851年にウィリアム・ラッセルによってまた2個の惑星が発見されました。アリエルとウンブリエルという名前です。それから順々に発見されていくこととなるのです。天王星には21世紀初頭の現在では27個の衛星が発見されています。衛星にはすべて名前がついています。1948年にジェラルド・カイパーがミランダを発見しました。そしてこれ以降の発見にはシェイクスピア、またはアレキサンダー・ポープの作品から名付けられることとなります。


ボイジャー2号が天王星に到達したことによって新しく10個衛星が発見されることとなります。その中でもコーディリアとオフィーリアという二つの衛星はいわゆる羊飼い衛星でした。ここからもどんどん発見されていきます。

天王星にも輪があるのか?

天王星ですが、惑星には環があるものもあります。では天王星に環はあるものなのでしょうか。天王星にも環はあります。土星の環は非常に複雑であり、また木星や海王星の環は比較的単純です。そして天王星の環はその中間ぐらいの規模の環となっています。



天王星の環はとても位です。そして希薄なのです。天王星の環の大部分は不透明なんですね。そして幅ですがわずかたったの数kmです。また塵の量ですが環の全体的には少ないです。ではなぜ塵の量は少ないのかということですが、外気圏に引っ張られるからなのです。また天王星の環ですができてからの年月が少ないといわれています。



6億歳を超えていない年齢だといわれています。他の者に比べると比較的若くなっています。今考えられていることとして天王星の環はかつて天王星の周りに存在していた衛星が衝突したことで砕けた破片によってできているのではないかということがあげられます。衝突を行った後に衛星は無数の破片に分かれました。そして最も安定的である軌道に密集して公転している物であると考えられているのです。

Copyright (C) 2017 ネタなんでなんだっていいだろう! All Rights Reserved.